言葉

目次

東京喰種   漫画

C.M.B. 森羅博物館の事件目録   漫画

1巻

集まる

人々

呼ぶ

植物

美術品

未知

熱狂

貴族

立つ

暗闇

当てる

怪物

人知

女王

選抜

さすが

礼儀正しい

清々しい

降りかかる

災難

私立

通う

高校

良家

感動いたしました

いたす

転ぶ

不良

腫れる

わけ

夕べ

届ける

災い

合う

焦げる

保健

職員

しっかり

逃げる

降りる

見失う

試し

込める

復元

それより

覗く

さっき

伸びる

誓う

賭ける

もらう

勘違い

強烈

建てる

玄関

使う

おかげで

いったい

行方

不明

らしい

遺体

教師

自宅

授業

奇妙

しかし

事件

以外

部分

焼ける

高温

ほど

上がる

かかわらず

ほとんど

人体

発火

現象

突然

まるで

刑事

みたい

欧米

多数

報告

不可解

燃える

残る

確か

状況

実験

教材

仕事場

保管

昆虫

標本

私物

集める

持ち込む

生徒

見せる

友人

何人か

出入り

注意

仲間

よく

困った

もし

どうしょう

やぶから棒に

読書

踏み込む

消防士

という

男性

腹部

女性

焼死

発見

老女

車内

炎上

目撃者

出火

原因

世界各地

ローソク

さまざま

驚かす

やろう

~かな

劇団

結果

指紋

~

発表

調査

引き続き

身元

なお

ついて

重要

参考人

として

全力

追う

殺人犯

かもしれない

いまだ

交友関係

失踪

該当

見当たる

世間

解く

殺す

責任

感じる

ごめんあそばせ

マスコミ

わかりそう

そういえば

約束

疑う

つまんない

落ち込む

まず

前日

救急隊員

珍しい

待ち合わせ

着茶店

現れる

諦める

そのまま

直行

連中

もらう

夕方

予定

英会話

陶芸

結局

詰まる

ずいぶん

多趣味

標本

直接

連絡

ところが

頼む

治験

力になる

残念

残念ながら

協力

手術

夜遅く

最終

まったく

手がかり

なし

専門家

あんなに

だらけ

他に

案内

道端

よく

焼き切る

貸し

こうやって

振る

試行錯誤

比べる

人間同士

つながり

関係

合図

今度

つまり

見つかり

容疑者

となる

見当

はずれる

忍ぶ

気になる

以前

ばかり

特に

しか

伝える

状況

抜き出す

すでに

となると

現時点

流れ

利用

持ち出す

犯す

世界中

事故

見せかける

隠す

さらに

特定

複雑

巻き込む

見通し

もったいぶる

恐縮

入館料

となる

弱味

付け込む

仕方ないです

満たす

展示

条件

なんとかしてみる

契約

成立

まるで

化け

擬態

欺く

要素

生息

似る

あと一つはなんでしょう?

動く

反応

こう

おそらく

わざわざ

現場

偽装

不自然

舞台

大勢

生徒

こぞって

取り上げる

解釈

おおせる

偽装工作

行う

必ず

証拠

結び

見破る

協力者

今宵

集まり

収集

かつて

主催

社交

復活

望む

紳士

劣る

披露

自慢

大違い

張る

よほど

さぞかし

お近づき

騒ぎ

解剖

運転

内情

精通

海外

証言

生前

言い争い

倒る

捜査

医療品

販売

営業

生返事

せっかく

乗り越える

知る由もない

ソウルイーター   漫画

牧場物語   ゲーム

Timespinner   漫画

今日

歌   音楽

BURNOUT SYNDROMES サクラカノン

先刻のカノンが今も耳にこびり付いている
音色に紛れて微かに 聞こえた 君の嗚咽も
教室には笑顔と 黒板埋める言葉の数々
寂しさをごまかした 変な顔のフォトグラフ

右手の卒業証書は 夢への片道チケットで
別れ告げる紙テープ

桜吹雪の帰り路を君と行く
合わない歩幅を狭めて合わせて せめて今日だけ同じ速度で

「涙 零してもいいのよ こんな日くらい素直に」
君の聲 遥か先を行くようで ひとり立ち止まる

机に彫られた誰にも読め ない誰かの頭文字
靴音 感情のまま響く廊下のリノリウム

ふたり 想い出を語り合う
その美しさを競うように
明日には此処は故郷

桜吹雪の帰り路を君と行く
空に伸ばす手を花が擦り 抜ける
別れの言葉 浮かんでは消えた
「去らば 蒼い日々よ
エ ンドロールには君の名前を」
似合わない詩は喉元で解れ 溜息に変わった

桜吹雪の別れ路で君は言う
「またね」って笑顔で
友達のままで まるで明日も逢えるかのように
「さよなら どうか 元気で
二度と逢うことはないでしょうけど」
君の跫がそう言っているようで
僕は振り返る

何度も振り返る

夕暮れ
蒼く染めゆく星空 淡く瞬くその光は
何光年の闇を越え 地球にたっ
た今 辿り着いた光
今なら言える「愛している」も 舞い散る初恋
の花弁も
今日
僕の旅路に降り注ぐ
掛け替え無き蒼い光

こびり付く

付いている

音色

紛れる

微か

嗚咽

笑顔

黒板

埋める

数々

寂しい

ごまかす

卒業証書

片道

告げる

吹雪

帰り道

歩幅

狭める

合わせて

せめて

速度

こぼす

くらい

素直

遙か

立ち止まる

その他

完成

磁石

~のように

道具

讃える

すべからく

べき

歌詞

とんでもない

「きみ      お                        はじ
  君はそれを終えたか」「とんでもない、始めたばかりだ」
"Have you finished it?" "On the contrary, I've just begun."

になり

ながら

のみ

Japanese with Shun   ポッドキャスト